博士の選択 |アカリク博士ポータルサイト

suzuki-deeplearning

開かれた研究室での活動を通じて「人工知能」を広めていくーー博士が選んだキャリアパス│鈴木雅大氏(東京大学博士後期課程3年)│鈴木雅大氏(東京大学博士後期課程3年)

東京大学 松尾研究室では、Deep Learningをはじめとする人工知能技術で大きなブレークスルーを生み出すこと、実社会に成果といして結実させること、を柱として研究をされています。その中で、基礎よりの研究をされている博士課程後期に在籍されている鈴木さんに研究やアウトリーチすることについて等伺ってきました。


鈴木雅大氏プロフィール:2015年 北海道大学大学院 情報科学研究科 修了。現在、東京大学工学系研究科 技術経営戦略学専攻。転移学習やDeep learningの研究に従事。

インタビュアー:吉野 宏志
一貫制博士課程単位取得満期退学(元 学術振興会特別研究員DC1)。在学中は研究外でも専門分野を越えた共同プロジェクトに参加。2016年にアカリクへ入社し、現在は大学院生やポスドクへのキャリア支援に従事。

自主講座から始まった「先端人工知能論」

鈴木さんの経歴について教えてください。

現在、松尾研究室の博士3年です。学部から修士までは、北海道大学の工学部で機械学習の研究をしていました。松尾研究室に来てからは、機械学習のDeep Learningの研究をメインでやるようになりました。

研究以外での活動はありますか。

Deep Learningの技術講師として、演習と講義を何回か担当しています。初めは僕が博士課程1年生(2015年)のときにDeep Learningの自主講座として始まりました。当初から僕は関わっていたのですが、大盛況のため、2016年から「先端人工知能論」という東大の正式な講義として開講しています。内容は自主講座とほぼ同じなんですけども、東大の豪華な先生方を揃えた本格的な講義で、僕は演習と講義を一部担当しています。東大の正式な講義を一緒にやることにしたので、受講生が約200人ですね。
自主講座も引き続きしていて、社会人の方も呼べるので、講義に出資してくださっている企業の方などが受講してくださってますね。あとは、松尾先生がお忙しいので、例えば人工知能を学びたいと来る取材も、講義を担当していたためか代わりに僕がお伝えする、ということは何度かありましたね。1度しっかり出たのが『ワールドビジネスサテライト』というニュース番組で、デモが紹介されましたね。他には、女優さんに人工知能を週1で教えることもやっていました(笑)

単純に研究ができる人ではなくて、より具体的にアウトリーチしてほしいという社会の要望に応えるということでしょうか。

そうですね。研究を知っているだけではなくて、ある程度は外部の人に説明する責務があると思っています。なのであまり人に教えるのは上手くないのですが、こういった依頼はお受けしています。去年は取材系が多かったですね。そのお陰で多少説明ができるようになったかな、と思ってますね。P1400206

松尾先生の代わりに講義をしているとのことでしたが、どういった経緯なんでしょうか。

松尾先生がこんなに忙しくなると思っていなかったです。ちょうど僕が松尾研入ったころに本を出版されて、Amazonですごく売れている『人工知能は人間を超えるか ディープラーニングの先にあるもの』*2という本なのですが、発売したあたりから取材依頼がすごく来るようになって、当時は年間100回くらい講演をされていたそうです。

その少し前に発売された本が『東大准教授に教わる「人工知能って、そんなことまでできるんですか?」』*3という本ですね。

それもありましたね。その本は対談形式で書かれています。2015年3月に『人工知能は人間を超えるか』は発売されていて、僕が松尾研に入ったのは2015年4月で、本格的に研究が始まった時期だったので、本当にタイミングは良かったなと思いますね。当時はそこまでDeep Learningを松尾研でやってる人はあまり多くなかったんですよ。元々WEB系の研究室だったので、WEB系の研究をやってらっしゃる方が多かったですね。

専門書の翻訳をオンライン公開、コメントで品質高める

たくさんの活動をされていますが、他に翻訳の方も携わっていらっしゃるんですよね。

Ian Goodfellowさんという、とても有名な先生が書かれた『Deep Learning』という本を、松尾研の中でも僕と岩澤さんという方が中心となって翻訳を進めています。先日、そのクオリティを高める目的で、翻訳をオンラインで公開( http://www.deeplearningbook.me/ )したところ、思いのほか大盛況で、公開日に「はてぶ」で1位をいただきました。コメントもたくさんくださって、あの時はすごく嬉しかったですね。

ちなみに翻訳の分量はどれくらいですか?

担当した分量は20章700~800ページくらいでしたが、全体を理解する必要があるので、自分が翻訳しないところも一応チェックしましたね。当初は苦肉の策で、クオリティ向上の必要があり我々も限界があって、外部の人の助けも借りるためにオンラインで公開したのですが、本当に大変でしたね。それぞれの章を担当した翻訳者の人中心に修正を重ねてやっと公開できるようになりました。研究室のメンバーには厳しすぎるといわれましたが(笑)今それなりの出来になっているのは、当時あれだけ苦労した甲斐があったなと思います。これからもコメントをいただきながら修正していきます。

研究から教育に繋がる活動は、やはりその分野を理解している人が行ったほうが良いですよね。

翻訳に関してはそうですね。特に最後の方が大変でした。それこそ、先ほど言いました生成モデルの話が最後の方に関わってくるんですよ。Part3は、ほとんど生成モデルの話に向かっているんですよね。なぜかと言うと、Goodfellowさんという方が生成モデルの1つで有名なGANのモデルを考えた人で、その癖というのがあるかもしれません。なので最後の方は、僕が集中的に訳しているのが多かった気がします。
特に深層生成モデルと呼ばれる分野は、実装が結構大変なので、自分用に作ったライブラリを公開しました。海外で有名なEdwardというライブラリを作成した人や、PyMC3というライブラリを作成している人からスターをもらいました。数は多くないですが、そういう方からスターをいただいています。

人工知能を作った先に目的があって、そのために人工知能を作る過程が存在するものだなと感じました。

一応そのつもりでやっていますが、僕1人ではできないので、すごく外に開けている松尾研にいたというのはかなり大きいですね。自由にやらせてもらっているのは個人的には結構ありがたいです。尚且つサポートも用意してもらっているので嬉しいですし、かなり有難いです。
多様性といいますか、そこはいい意味で雑多な感じがありますね。そういうのを許容して学びがあるってやはり大事ですね。これは松尾研の強みですね。

早めに身につけておきたい基礎的なスキル

今後のキャリアパスについて教えてください。

まだ決めていませんが、どこかで研究を続けていきたいなと思っています。せっかくここまでやってきたのもありますし、当初の目標により深いところで関われたら良いなと思っています。なので研究以外の目的で企業に入ることはあまり考えていないです。

学部あるいは大学院、博士課程に進学したころに、何かこうしたら良かったと思うことはありますか。

僕は個人的にかなり回り道をしたと思っています。良し悪しは分からないですが、研究内容も色々思考錯誤してやっているので、いくら応用をするとしても、やはり基礎は大事ですね。
結局、研究を進めていくにつれて基礎が必要だから戻って学んだことが結構あるので、学部のころから基礎知識を固めてから積み重ねるような研究をしていけたら良かったかなと思いますね。

これはやはり後になって気付くことが多いですよね。

そうなんですよね。あと、僕は英語が苦手なので勉強しておけば良かったなとすごく後悔しています(笑)。幸いにも論文とかは読んでいるので、読むのは苦労しないのですけど、話す方は苦手で今になって苦労しています。

やはり基礎的なスキルとして身につけた方が良いということですよね。

そうですね、プログラミングなどスキルは早めに習得したほうが良いと思います。情報系にくると、どうしてもプログラミングが必要になってくるので早いうちからが絶対良いですね。

ありがとうございます。それでは次に、博士課程の方ないしは若手の研究者に向けてメッセージをお願いします。

難しいですね。人工知能とかDeep Learningという言葉はどういう分野に関わっても絶対出てくるので、最近、色々な方が松尾先生の講演会とかで勉強されていますが、そういうところで何らかの啓蒙活動的なことはしたいな、と思っています。
僕自身あまり1人だとできない人なので(笑)、あまり1つの分野に留まるのはよろしくないなと思うのと、今後も色々な分野、人と交流して研究は続けて人工知能分野全体を盛り上げていきたいし、自分自身をより高めていけたらいいなと思っています。

ありがとうございました。

参考文献
[1] Kevin P. Murphy, Machine Learning: A Probabilistic Perspective (Adaptive Computation and Machine Learning series), The MIT Press, Aug.2012.
[2] 松尾 豊, 人工知能は人間を超えるか ディープラーニングの先にあるもの, 角川EPUB選書, May.2015.
[3]松尾 豊, 塩野 誠, 東大准教授に教わる「人工知能って、そんなことまでできるんですか?」, KADOKAWA/中経出版, Oct.2014.

博士進学を決めた理由、現在の研究内容は、 院進‐kに記事を載せておりますので、併せてご覧ください


アカリクでは博士課程在籍者や若手研究者の皆様のキャリアを考える上での一助となるような活動を積極的に行っております。
記事についてのお問合わせは以下までお願いいたします。
※今後取材して欲しい人物や研究などのリクエストも受け付けています!

株式会社アカリク
「博士の選択」事務局
Tel.:03-5464-2125
E-mail:info@acaric.jp

  • Twitter
  • Facebook
  • Google +
  • はてなブックマーク
  • pocket