博士の選択 |アカリク博士ポータルサイト

tripartite_talk_part4

【特別鼎談】博士後期課程から社会へ ―三者の歩んだ軌跡― Part 4

学生時代を共に過ごした「博士後期課程」出身の三人が集い、自身のキャリアについて語り合った。ビジネス・アカデミック・アート、それぞれの道に進んだ三人は何を語ったのだろうか。全4回連載。


Part 1】 Part 2 【Part 3】 【Part 4


石渡晋太郎氏のプロフィール:東京大学准教授(物理工学)、科学技術振興機構さきがけ研究者兼任。1975年生まれ 東京都出身。京都大学大学院理学研究科博士後期課程修了。早大理工学部、プリンストン大、科学技術振興機構ERATO、理化学研究所を経て現職。平成26年度文部科学大臣表彰若手科学者賞。

大野裕之氏のプロフィール:脚本家・日本チャップリン協会会長。1974年生まれ 大阪府出身。京都大学総合人間学部、同大学院博士課程(満期退学)。製作・脚本の映画『太秦ライムライト』でファンタジア国際映画祭最優秀賞。著書『チャップリンとヒトラー』(岩波書店)で第37回サントリー学芸賞。

林信長のプロフィール:株式会社アカリク 代表取締役社長。1975年生まれ 東京都出身。京都大学理学部・総合人間学部、同人間環境学研究科博士課程(満期中退)。2002年にWEB制作会社を起業した後、2006年に大学院生の就職支援を事業として立ち上げ現職。

林信長(以下、林)

博士後期課程の学生に、何か期待していることはある?

石渡晋太郎氏(以下、石渡)

今の学生は全体的に安全志向になっていると思います。インターネットを通じて情報を簡単に手に入れられるようになった影響は大きいのでしょうね。自分の頭で考えるための情報収集は良いのですが、多くの人が支持するものを探し求めるのはやめた方がいい。一番成功するだろうと多くの人が考えるやり方を採用していると、結局その他大勢と一緒に無難な人生を送ることになります。人生一度きりなので、若い時はリスクを楽しむくらいの気持ちでいてほしい。学生時代はそれを満喫出来る最後のチャンスになるかもしれません。
繰り返しますが、本当にやりたいことをやっていたら、食いっぱぐれることは、研究者に限っては無いと思います。自分を信じてやっていけば、なるようになる。リスクを怖がらずに自分のやりたいことに向かってチャレンジしていただきたいですね。

大野裕之氏(以下、大野)

同感です。付け加える事が全くない。強いて言うなら、あとはやっぱり基礎的な力が大事です。研究で言えば、語学とか数学とかの力があって、その先に創造力がある。他方、演劇とか映画とか役者でも、歌・踊り・演技の基礎訓練をしている人は、その上に豊かな表現を持てる。そういう人は信頼出来ると思います。今インターネットの時代で、僕らの時よりはいろんな情報が入るという利点もあるけれど、あまり基礎訓練を積まなくてもいろんな物事がわかってしまうこともある。海外の動き、思想の流れに親しく触れて、日本という国や自分の立ち位置をバランスよく見ることは凄く大切だと思います。

石渡

そうですね。基礎的な力は大事ですね。リスクを恐れずにチャレンジして欲しいと言いましたが、それだけでは不十分です。特にポスドクの場合は、ホームラン狙いでいつも豪快に三振するけどチャレンジしたからOK、ということではなくて、空振りしても振り逃げで塁に出るとか、状況に応じて確実に送りバントをするといったような、プロとしての仕事を確実にこなすことも大事です。

僕が二人に付け加えるなら、もっと技術を利用してほしいってことかな。大野君が僕は語学が出来ると紹介してくれたけど、その背景には中学生の頃にアメリカのゲームをやるために必死で英語を勉強したことがある。目的は語学学習ではなくゲームなので、効率を上げるために当時はメジャーではなかった電子辞書を早くから使っていました。でも学校の先生は「紙の辞書を引きなさい」の一点張り。
その後高校でアメリカに留学したら、紙の辞書を使っている人が一人もいなかったんですよ。インターネットが始まり出した頃だったけど、全部データーベース化されていて、アメリカでは最先端の技術を使って好奇心をグリップすることで学ぶ速度を上げるということを実践している。
新しいことをやる時は本質の部分はちゃんと確立した上で、他の部分は技術をフルに使って効率化することが大事。サボることで逆にサボれないことが見えてくる。あるモノを見つけたときに、どこが本質的でどこが非本質的かを見抜く。そこに力を使って欲しいです。
もうひとつ付け加えると、自分も自分の周囲も知らない視点を「あえて探す」こと。例えば海外の情報。最近は機械翻訳の精度が上がったので、専門外の情報でも博士・ポスドクぐらいの語学力があれば読めるはずなのに、不思議なことに彼らの多くは海外の新聞サイトを読まないし、ニュースも見ない。なぜやらないのかと聞くと、「英語が出来ないので」と言うんです。結局、語学の問題ではなくて、心が外に開いていないんだよね。今の世の中、これを知りたいと思ったら技術を駆使すれば絶対に7割は分かる。そのくらいのハングリーさは持って欲しいです。今は技術を使って楽ができるはずなのに、僕らの時代と同じことをやっていたのでは、どんな分野でもハングリーな世界中の人材に負けてしまうと思います。
今から研究文化を初めて学ぶ人たちは、研究のために技術を駆使するのが当たり前の人たちです。僕らの時代と違って世界的に研究者の人口は増えているし競争も激化していく中で、技術を駆使して勝ち抜かなくてはいけない。
こういう考え方が出来るのは博士課程までいったからだと思います。物事を純粋にロジカルに何が正しいのかを根本的に考えれば、周囲がどんな美談や言い訳をくっつけようが、これが正しい、これがおかしいとはっきり主張できます。ところがそんな博士が社会に出ると「頭でっかちはいかん」とか言われちゃうわけですよ。

大野

批評精神だよね。正しく物事を学んで当たり前のことを言う。

そういうことです。

 

~ PlayStation VR体験 ~

ところで、技術を駆使してっていうことで、実はこの前PlayStation VRを買いました。
この機会に、最新技術を体感してみない?

特別鼎談 石渡晋太郎氏 大野裕之氏 林信長

特別鼎談 大野裕之氏 林信長

※ホラーゲームとリズムゲームを体験いただきました

 

こういう技術が今後どういう風に世界を変えていくのか。みんなの感想を聞きたいんだけど。

大野

あまりの衝撃度にちょっと何とも言えないですね……

石渡

びっくりした。今の子どもはこういうのが当たり前になるんですね。

恐らくそうなるでしょうね。
PlayStationが最初に出たのは僕らが20歳ぐらいのとき。20年経って、こんなのが出てきた。人の生活って変わってないように見えて、裏にある技術は進化しているから、そういう変化をちゃんとキャッチアップしていかないと、僕らもおじさん扱いされるだろうし、あっという間に抜かれるよね。今はまだ解像度が低いけど、どんどん綺麗になっていくはず。これはインターネットと同じくらい革命だと思う。

大野

若い俳優や作家たちに、思春期に何に触れたかを聞くとそれぞれ違っているんですよ。なかでも「RPGのストーリーにすごく感動して役者を志した」という人に凄く驚きました。新しいジャンルや技術は、新しい人間を作る。そこに期待したいです。
映画と新技術について言っておくと、歴史的に見て1920年代から何回も3Dブームが来ては終わっている。最近のブームもほぼ終わりましたよね。これは非常に興味深いことです。新奇な技術というだけでは飽きられるわけで。
チャップリンはずっとサイレント映画をやってきた。1927年ぐらいからトーキー映画になるんだけど、彼はパントマイムにこだわっていて、トーキー映画が主流になっても10年ぐらいはサイレント映画にこだわり続けた。映画に音がついた時点で飛びついた俳優や監督は実は没落していったんですよ。チャップリンが初めて言葉を使った映画は『独裁者』ですが、最後に独裁者と間違われたユダヤ人の床屋さんが平和と民主主義を訴えて演説するシーンは、絶対トーキーじゃなきゃいけない。
新しい技術がでてきた時、それを拒絶するでも、すぐ飛びつくでもなく、いかに意味があるものとして使えるかということを徹底的に考え抜く必要がありますね。

石渡

「生まれてから30歳までに出会った技術は未来志向で勉強しようと思うが、30歳を過ぎて出会った技術はとたんに脅威になる」という話を聞いたことがある。昔イギリスで消しゴム付きの鉛筆が発売されたとき、「鉛筆は文字を書くためのものだから、消しゴムが付いていると書くことに集中出来ない」という理由で何十年もの間、小学校での使用が禁止されたという事例も実際にあったんですよ。
30歳を過ぎると新しい技術を脅威に感じるというのは、研究に関しても言えることです。最近「Materials Informatics」といってビッグデータを活用した新物質探索を進める国家プロジェクトが、アメリカの後を追う形で日本でも走り始めました。これは我々のように長年の経験と勘に頼った物質探索を進めている者にとっては、脅威だと言えます。最近の人工知能の驚異的な進歩を目の当たりにすると、いつかは計算機が人間の直感を超えた物質設計をするのではないかという気もします。
これらは脅威と見なすことも出来ますが、実際我々のように限られた経験と勘に頼った物質開拓に無駄が多いことも確かです。そのため、合成の前段階でのスクリーニングに活用するなど、計算機をうまく使いこなすことが出来れば、もう一段階高いところから見渡して効率的に物質合成を進めるということが出来るようになるという期待もあります。そうなると、私の場合は研究の軸足を物性測定や合成手法の開拓といった方向に移す必要が出てくるでしょう。
変化を恐れずに新しい技術を活用することが出来れば、脅威どころか大きなチャンスになるはずです。

理系でも文系でも、日夜進歩する技術をちゃんと活かして、新しいものを作っていく。研究者もビジネスも、自分の仕事の環境作りにもっと真剣になってもいいのではないかなと思います。
博士後期課程というのは、そういう自分の環境づくりの場所なんです。

Part 1】 Part 2 【Part 3】 【Part 4


アカリクでは博士課程在籍者や若手研究者の皆様のキャリアを考える上での一助となるような活動を積極的に行っております。
記事についてのお問合わせは以下までお願いいたします。
※今後取材して欲しい人物や研究などのリクエストも受け付けています!

株式会社アカリク
「博士の選択」事務局
Tel.:03-5464-2125
E-mail:info@acaric.jp

  • Twitter
  • Facebook
  • Google +
  • はてなブックマーク
  • pocket